水着の形と種類について

遊泳用の水着の種類

水着売り場に行くと色とりどりの様々な種類の水着が並んでいて、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。特に女性は男性に比べて細かな違いで分類されているのです。

女性用はツーピース型とワンピース型に大きく分かれます。ワンピース型はトップスとボトムが繋がっています。付属品にパレオがつくものや、腰部分にフリルがついたAラインのものがあります。ツーピース型は、露出の少ないタンキニ型と露出の多いビキニ型に分かれます。タンキニ型はキャミソール風の水着にショートパンツを組み合わせるなど洋服に近い見た目となります。ビキニ型は下着に似た組み合わせが多く、上下が三角の形をした三角ビキニや、トップスにフリルがついたフレアビキニ、トップスがチューブトップ状になったバンドゥビキニなど、多種多様です。

男性用は海水パンツのみが主流です。太腿が露出するブリーフ型や、元はサーフィン用のサーフパンツ型があります。サーフパンツ型は膝上丈〜膝下丈が主流のため泳ぐのにはやや不向きです。しかし、パーカーなどを羽織れば海以外の場所でも自然に歩けるほど、ファッション性が高くデザインも豊富に揃っています。

これらはほんの一部ですが、水着の種類を把握して、たくさんの種類の中から効率よく自分好みの水着を探し当てたいですね。