水着の形と種類について

運動用の水着の種類

フィットネス用の水着は、スポーツジムなどで実際に目にすることがあると思います。反対に、競泳用の水着はオリンピックなどテレビで目にすることは多いですが、実際に手に取る機会や試着できる機会は少ないのではないでしょうか。

競泳用は「速さ」を追求しています。そのため、フィットネス用に比べて伸縮性が低く、場合によっては一人では着用が難しいほど体への密着度が高くなります。生地には水の抵抗を減らすため撥水加工がされていますが、薄く塩素に弱いため耐久性は強くありません。女性用は、生地の少ないワンピース型と生地の多いオールインワンのハーフスーツ型があります。男性用は、ハーフスパッツ型とブリーフ型が主流です。

フィットネス用の水着は水中での運動を楽しむために作られています。競泳用に比べて伸びやすく柔らかな生地を使っているため、動きやすく、デザイン性も高い水着が多いです。女性は、ワンピース型とオールインワンのハーフスーツ型以外にも、上下別れているセパレート型も人気があるようです。男性はセパレートタイプもありますが、主流はスパッツタイプになります。

競泳用の水着は水泳連盟の公認を受けており、公式大会に出場するために上位選手が着用するものになります。競技もフィットネスも、それぞれの特徴を活かしてより良いパフォーマンスができるよう、自分の目的にあった水着を選ぶことが大切です。